ロシア 第2のワクチン承認(2020年10月15日)

ロシア 第2のワクチン承認(2020年10月15日)

ロシアで2番目となる新型コロナウイルスのワクチンが承認されました。
プーチン大統領が14日、閣僚と行ったビデオ会議で明らかにしました。
この中で、自らも臨床試験で接種を受けたゴリコワ副首相は「副作用もなく十分に高い安全性がある」と報告しました。
現在は臨床試験の第2段階が完了し、今後はロシア全土で有志4万人による臨床試験を行うということです。
ロシアは8月、世界で初めてコロナ・ワクチンの国家承認を発表していて、今回はそれに続く2番目となりますが、承認までのスピードが速く、安全性を疑問視する声もあります。
ロシアの感染者数は、米ジョンズ・ホプキンズ大学によりますと約133万人と世界で4番目に多くなっています。

コメント

  1. 好きな寿司はハンバーグ より:

    ノビチョク?

  2. エンヴェルパシャ より:

    高い安全性×
    他界安全性○

  3. *official 国税庁 より:

    毒盛られそうなんですけれどもね。

  4. shimajiro より:

    まず、プー帝が使って大丈夫なところを見せなきゃ。

  5. Alexis S より:

    プーさんに使え

  6. Shion ND より:

    前回はスプートニクVって名前でしたよね。
    ロシアでワクチン開発しているのは「ガマレヤ研究所」ってとこだけど
    今度はどんな名前かなぁ。

    というか、スプートニクVの効果はどうだったんですかね。

タイトルとURLをコピーしました