外国車販売 コロナで2年連続マイナス(2021年4月6日)

外国車販売 コロナで2年連続マイナス(2021年4月6日)

日本自動車輸入組合が発表した2020年度の外国メーカーの新車輸入販売台数は、1年前に比べ12.5%減った25万5,518台でした。新型コロナウイルスの影響で2年連続のマイナスとなりました。
トップ3はいずれもドイツ車でしたが、1位のメルセデス・ベンツは13.9%、2位のBMWは17.7%、3位のフォルクスワーゲンは29.3%のマイナスでした。

コメント

  1. 赤ベコ より:

    中古でBMW5シリーズ買いたいのだけど維持費が怖い
    新車でゴルフにしとくかマツダcx-8にするか迷う

  2. BeFairMonk より:

    何が好きでドイツ車買うのかわからん。

  3. 唯我独尊1120 より:

    コロナが一番の問題ではない筈! ただ 損失は中国共産党に請求したらいい ちゃんと数字をだして❗

  4. Souradeep Sarkar W.B. より:

    いつも日本車を買う, いいえ 外国車

  5. SS Ss より:

    外車は別に減ったところ別にノーダメ。むしろ誰も買わなくなっても問題ない

  6. 455 717 より:

    偏見かもしれないが
    運転って車種によって変わるのか

  7. Kouki Y より:

    仮にベンツの売り上げが減っても三菱ふそう(ダイムラーの連結子会社)があるからあまり痛くないのでは?

  8. AMG AMG より:

    おい!頑張れよ!メルセデス!
    BMはださいからどうでもええ

  9. bossy boss より:

    ネットの影響で消費者に知識(リセールバリューや維持費等)がついて輸入車のコスパの悪さがバレちゃってるのも一つの原因。

  10. Takuto より:

    ドイツ車乗りは見栄えだけでしょ?笑 外車が減っても問題はない

タイトルとURLをコピーしました