バイデン大統領 19日までに全成人が接種対象に(2021年4月07日)

バイデン大統領 19日までに全成人が接種対象に(2021年4月07日)

アメリカのバイデン大統領は先ほど会見を行い、今月19日までに、18歳以上の全ての人が新型コロナワクチンの接種の対象になると、発表しました。バイデン政権はこれまで、アメリカの全ての成人がワクチン接種の対象となる時期について、5月1日としてきましたが、それより2週間ほど前倒しした形です。バイデン大統領はまた、今月5日までに、1億5,000万回以上のワクチン接種が行われ、アメリカの成人人口のおよそ4分の1にあたる、6,200万人以上がワクチンの接種を完了したと発表しました。大統領就任100日を迎える4月末までに2億回分のワクチン接種を達成できるとしています。
#ジョー・バイデン#新型コロナウイルス#COVIDー19#ワクチン

コメント

  1. せんとうマメ【駅周辺散策】 より:

    1コメ

  2. RIN BUFFe より:

    意思決定が明確やな
    アメリカほど死亡者でてりゃあそうなるわな

  3. Moo Moo より:

    全成人を金成人と間違えて読んじゃった

  4. 櫻下景之 より:

    接種するかと思ったら、対象にするって事か。lol

  5. 優しい鳥 より:

    ネトウヨはいつになったらバイデンがサムネの動画に脊髄反射で低評価押すのやめるの?

  6. 松G跋罰閥 より:

    ワクチンパスポートは、制度化しないんですね。必要無いほどワクチン接種が進むんですよね。

  7. shimajiro より:

    ぱよぱよ隊は、これどうするの?

  8. 房総のプレハブ より:

    若林豪。

  9. やめてもらっても良いですか?なんだろう より:

    バイデンのこの3ヶ月の仕事量がトランプの4年間を上回ってて草

タイトルとURLをコピーしました