再生エネ電力 政府が新制度移行の法案を閣議決定(20/02/25)

再生エネ電力 政府が新制度移行の法案を閣議決定(20/02/25)

再生可能エネルギーについて、政府は固定価格で買い取る制度から入札で売り買いして国が補助する制度に切り替える法案を閣議決定しました。

 再生可能エネルギーで発電された電気は現在、大手電力会社が国の決めた価格で事業者から買い取ることが義務付けられています。買い取り費用の一部は電気料金に上乗せされ、今年度は2兆4000億円まで膨らんでいました。法案では、コストが低下傾向にある大規模な太陽光や風力については事業者が市場で取引を行い、その価格に上乗せして国が補助する制度に切り替えます。補助の財源は引き続き電気料金に上乗せされる方向ですが、国は市場価格と連動させることで料金を抑制したい考えです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

動画
気になるニュース速報

コメント

  1. チップとデールの大作戦レスキューレンジャーズチャンネル より:

    チップ「何か企んでる。」

  2. machcheckory より:

    西島秀俊が相変わらずカッコイイ

  3. マコトミタライ より:

    まあ、それでも、甘いけど

  4. 455 717 より:

    団地とかの屋上とかに活用出来ないか
    山削るより環境に良い

  5. may day より:

    進ちゃんの出産祝いかなぁ( ´Д`)。

  6. 寿司握り過ぎ より:

    インフラ事業でなんで外国企業が?
    地元住民の反対を無視して、ソーラーパネル発電所を作った上、山を切り開き、災害発生を誘発させようとしてるんだぜ?

タイトルとURLをコピーしました