東証株価が大幅続落 新型コロナ懸念で世界同時株安(20/02/28)

東証株価が大幅続落 新型コロナ懸念で世界同時株安(20/02/28)

新型コロナウイルスの感染拡大への不安が高まり、27日のニューヨーク市場で株価が史上最大の下げ幅となったことを受けて、東京株式市場では日経平均株価がさらに急落しています。下げ幅は700円を超えています。

 日経平均株価は現在、27日より738円安い2万1210円での取引が続いています。アメリカ・カリフォルニア州に中国などから来た少なくとも8400人が新型コロナウイルスへの感染の疑いがあるとして経過観察の対象になっていることもあり、27日にアメリカ株式市場ではダウ平均株価が史上最大の下げ幅となる1190ドル安を記録しました。東京市場でも株安の流れは止まらず、ほぼすべての銘柄が売られる全面安の展開です。日経平均株価は今週に入って27日までですでに1400円以上、値下がりしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

動画
気になるニュース速報

コメント

  1. curious baby より:

    年末前に卒業しておいて良かった

  2. ミラク より:

    コロナ恐慌のはじまりやね

  3. 田中角栄 より:

    このままいくと世界恐慌不可避

タイトルとURLをコピーしました