金氏が決裂後も“会談望む” トランプ氏への親書で(2020年9月11日)

金氏が決裂後も“会談望む” トランプ氏への親書で(2020年9月11日)

北朝鮮の金正恩委員長が過去にトランプ大統領へ送った親書で、決裂した2回目の首脳会談の後も会談を望んでいたことが明らかになりました。

 アメリカのメディアは、有名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏の新たな著書の一部を報じました。この著書によりますと、金委員長が去年6月にトランプ大統領に宛てた親書で、決裂したベトナムでの会談を「大切な思い出」と表現し、「ともに偉大なことを成し遂げる日が来ると信じている」とさらなる会談を望んでいたということです。一方、金委員長が「新たな方法なしには、問題解決の見通しは暗い」として核ミサイル問題でのアメリカ側の譲歩を促していたことも明らかにされました。ウッドワード氏は2人が交わした親書27通の内容を確認したということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. MI YO より:

    核は棚上げで、カネくれと。放置でよい。

  2. 【クピピ】 より:

    こういう情報が出てくる。ってことは金委員長はもう、、、?なのかな

  3. 武山翔太郎 より:

    めんどくさい女みたいやな

  4. 雨宮ヒビヤ より:

    とりあえず、金正恩は、資質なし、それ相応の罰を、受けるべき、話したいも、パフォーマンス

  5. Mori Nouen より:

    金正恩は、核兵器開発の時間を与えてくれて感謝している。
    金正恩は部下ではない。
    安全保障を危険に晒す愚かな男だ。

  6. Yoshi Yoshi より:

    カオチガウ

  7. FBI ᴡɪᴛʜ ᴀ ᴍᴜꜱᴛᴀᴄʜᴇ より:

    竹島韓国のもの

  8. 謎の戦士 より:

    また再アップ

  9. ケロッ子アッコたん より:

    >>「大切な思い出」
    かわええやんけ…

  10. 野田海斗 より:

    ただのかまちょで草

  11. My Wife is My Life より:

    よじょんだろ。トランプに親書送ったのは。
    よじょんは中国よりアメリカ寄りだからな

  12. Mori Nouen より:

    バイデン政権になれば、金正恩とムンムンは厳しい立場に追い込まれる。

  13. スタローン・シルベスター より:

    期待できない。小泉の同級生で北朝鮮顧問体験ある 小沢一郎ならできる!

  14. syun can より:

    トランプは北朝鮮の未来は明るいと言い続けていた。
    実は、北朝鮮は韓国が嫌いで、南北統一は全く考えていないし、中国とは縁を切りたいはずだ。
    北朝鮮の復興に資金を出せる国は世界中に日本しか無い。おそらくは、韓国は徴用工問題を突破口とし、南北国民への賠償金という形で日本に金を出させるつもりなんだろう?
    しかし、北朝鮮の目論見はアメリカから北朝鮮の国家保証を取り付け、日本からの投資を誘うというのが本音ではないかな?
    10年後、北と南は逆転し、韓国は中国の自治区となり、北朝鮮はアメリカの保護区となっていてもおかしく無い気がする。

  15. name no より:

    見損なったぞ金

  16. 東京都庁はいいぞْ より:

    北朝鮮が反中国に寝返ってアメリカについたら対中国の最前線ってことで核も認められそうじゃない?

  17. モーリシャスM. より:

    超汚染得意なwスタンダード 
    コロコロ変えて利己主義者
    約束破り破滅行き

  18. いいいいい より:

    災害で苦しいもんな

  19. Ganbarou Japan より:

    だが彼はもうこの世には、むにゃむにゃ…

タイトルとURLをコピーしました