英国と経済協定 大筋合意 来年1月の発効目指す(2020年9月12日)

英国と経済協定 大筋合意 来年1月の発効目指す(2020年9月12日)

日本政府とイギリス政府はEPA(経済連携協定)の締結で大筋合意しました。

 茂木外務大臣:「日EU、EPAのもとで日本が得ていた利益を継続し、英国にある日系企業のビジネスの継続性も確保することが可能になる」
 新たな協定は焦点だった乗用車と農産物の関税について、日本とEUの協定をおおむね踏襲する内容となります。例えば日本からイギリスへの輸出に関して、乗用車は関税を段階的に引き下げて2026年に撤廃されます。一方で、日本に輸入される農産品については低い税率を適用する新たな枠は設けないことで合意しました。日英両政府は来年1月1日の発効を目指します。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 竈門炭治郎 より:

    おはようございます本間智恵さん

  2. 和田明久 より:

    逆張りか?

タイトルとURLをコピーしました