芸は身を助ける・・・高齢アザラシ「甘え芸」のワケは?(2020年9月15日)

芸は身を助ける・・・高齢アザラシ「甘え芸」のワケは?(2020年9月15日)

オホーツク海に面した北海道の町に、アザラシ2頭だけが暮らす動物園があります。

 まるで腹筋のような動きをしているのは、ゴマフアザラシの「アグ」です。今年で32歳のアグは0歳の時に保護され、5年前にこの動物園の開園と同時にやってきました。今では約40種類もの芸ができます。極めつけは「甘え芸」です。
 飼育員・遠藤史帆さん:「甘えてるってわけではないんですよね。トレーニングの一環なので。アグが寝て飼育員が隣に行くと=抱っこと教えている。重たいです。83キロを支えるのはこっちもなかなか厳しい」
 アグは人間でいうと90歳のおじいちゃんです。大切なのは健康です。
 飼育員・遠藤史帆さん:「芸は健康管理で覚えさせる。口の中を見て、舌がピンクだったら元気、白だったら体調悪いかなと」
 こうした芸はお客さんを喜ばせるだけでなく、健康管理の一環も兼ねています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 竈門炭治郎 より:

    長生きしたいね

  2. スナフキン より:

    こちかめに出てきそうなアザラシ

  3. ヤマトJapanUSAインド台湾香港加油! より:

    可愛いな~マンションの風呂で飼いたいw

  4. まねき猫 より:

    かわいい。飼育員さんメロメロ。

  5. ギブアップ白ネコちゃん より:

    人間なら90歳なのに動きが若々しい

  6. 95supra より:

    うちの爺さんも なんか芸しないかな。もう〜。

タイトルとURLをコピーしました